Pinebookの販売時期は?超格安価格やスペックや購入方法をチェック!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

超格安のノートPC Pinebookが

わずか89ドルで登場予定だそうです!

これって、むちゃくちゃすごくないですか~?

PCがわずか89ドルですよ~。

1ドル100円としても、8,900円

1ドル110円としても、1万円切ります!

こんなに格安なPCがあったら、買いたいですよね~。

私も、このPinebookの登場を初めて見たとき、

ビックリしましたよ~。

というわけで、Pinebookの販売時期、

価格やスペックや購入方法について調べてみましたよ~。

ぜひご参考くださいね~。

○Pinebookの国内販売時期は?

販売時期ですが、

いろいろと調べてみた結果、

まだはっきりとしたことが分かっていません。

こちらのPinebookは、そもそも

アメリカで登場して話題を呼んでいたもののようです。

ということは、

日本に輸入されるのも時間の問題では?

だいたいこういうPCが普及し始めると

全世界で価格競争が起こることが想定されます。

ということは、早ければ、

来年の春ごろには、

超格安ハイスペックPCが日本の電化製品として

販売されることも夢ではありません。

ということで、

私の予想では、来春ごろには、

同じようなスペックのPCが店頭を賑わしていると予想されます。

スポンサードリンク

○価格やスペックや購入方法についてチェック!

・価格について

価格については、

11インチモデルが、アメリカ米ドルで、89ドル(約8,950円)

14インチモデルが、アメリカ米ドルで、99ドル(約11,080円)

だそうです。

ということは、

日本に輸入される場合には、

若干、上乗せされて販売されますので、

価格帯としては、10,000円~15,000円の範囲ではないでしょうか?

また、そのようなスペックのPCが入ってくると、

当然国内でも競争が起こりますので、

10,000円前後の格安PCが

販売される可能性が出てきますよね~。

PCは、安いだけではないですが、

学生や初めてPCの購入を検討されている方々には、

とってもいいニュースだと思いますよ~。

一昔前なんか、普通に、PC1台20万円なんて

ザラにありましたからね~。

・スペックについて

さて、気になるスペックですが、次のような感じです。

(Pinebookのスペック)

  • プロセッサ: Allwinner A64 Quad-Core Cortex-A53 64-bit 1.2GHz
  • GPU: Mali-400MP2 (1280×720)
  • RAM: 2GB LPDDR3
  • ストレージ: 16GB eMMC 5.0 (microSDを使って256GBまで拡大可能)
  • ネットワーク: Wi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
  • 外部接続: USB 2.0×2、MicroSD×1、3.5mm Jack×1、Mini HDMI×1

見た目はMacBook Airに似ており、廉価なLinuxマシンを探しているのならPineBookは一考の価値があるとのことだそうです。

pinebookのイメージ画像↓

pinebook

・購入方法について

発売されてすぐに購入したい場合は、

海外の購入サイトで購入することが

出来ると思いますが、

送料がかなりかかると思います。

海外購入サイトについてはこちら↓

https://www.pine64.org/?page_id=3707

ですので、国内で販売されるのを待った方がいいと思います。

ここまで、大々的にニュースとして

取り上げられているのをみると、

これから、PC業界は、ますます

高品質かつ低価格を実現していきそうな予感ですね~。

スポンサードリンク

こちらもどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • Ron
    • 2017年 7月2日

    pinebook14インチを5月のはじめに注文して6月末にやっとゲットできました。すごく使いやすいしlinuxはカスタマイズできるので、UIは完全Macライクにして使ってます。かなりおすすめです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。