リボ払いヤバイ! もう返せないときの解決方法ってあるの?

リボ払いは地獄の始まり?

リボ払いは借金地獄の始まりかもしれません。

 

あなたは以下のような状況ではないでしょうか?

 

  • リボ払いの元本がなかなか減らない
  • どれだけリボで使っているのか分からない
  • 次の支払いにお金を用意できない

 

そのような場合はまず、

 

リボの借金を減らせるかどうか

 

の無料診断を受けてみるといいでしょう。

 

 

定額のリボ払いを貯金感覚で使っていました

 

カードローンやキャッシングの返済方法として知られるリボルビング払いは、毎月定額の返済方法です。

 

金融業者によっても返済額は異なりますが、

 

  • 10万円利用しても返済は月1万円
  • 30万使っても返済は月3万円

 

そのように定額で返済できるため、大きなメリットがあると感じてしまいます。

 

私も定額のリボ払いでクレカキャッシングしていましたが、

 

当初はリボ払いって便利だな

 

と思っていました。

 

しかし返済を続けても、なかなか元本が減らなかったんですよね。

 

それに、毎月定額なので、次第に金銭感覚が麻痺していきました。

 

要するに…ATMからお金を借りるたび、自分の貯金と勘違いするようになったのです

 

そうなれば、多重債務の借金地獄に落ちるのは早いですよ。

 

すぐに限度額の50万を使い切り、別なクレジットカードを作成して、同じように50万円を使い切りました。

 

それでも月々の返済は2万円+2万円の4万円だったんですよね。

 

返済はきっちり行っていたので、2社ともに、50万円から100万円に限度枠が増えました。

 

「あと100万使える!」

 

と喜んで、やはり限度額一杯まで借入れていましたね…

 

リボ払いの恐さはクセになること

 

今から振り返ると「無知で情けないな」と思うのですが、長期的な人生設計よりも、目の前の誘惑に心奪われていました。

 

今すぐ楽しめることを考えて、長期的に積み上げる努力をしていなかったんですよね。

 

リボ払いの恐さはクセになることです。

 

そして、お金について甘く考えてしまうことです。

 

借金総額が増えても、返済額はほぼ変わらないので、借金に対する罪の意識が消えていくんですよね。

 

クレカキャッシングも、銀行カードローンも、消費者金融も、ネットから簡単に借りることができるので、最終的には…

 

お金を借りているという感覚が希薄になっていきます。

 

少なくとも私はそうでしたし、リボ払いで苦しむ多重債務者に話を聞いても、同じように借金への感覚が鈍くなっているようです。

 

しかし現実は甘くありません。

 

100万円の借金で毎月2万の支払いでは、利息がどんどん膨らむだけで、完済まで長い時間がかかります。

 

さらにリストラや病気、冠婚葬祭などの急な出費によっては、借金を返せないケースも出てくるんですよね。

 

その際に別なカードを作ったり、消費者金融で借金を重ねれば…すぐ借金まみれになります。

 

そして気付いた時には、毎月多額の返済金が必要になっていたり、新たな借金が出来なくなり、返済日にお金を返せない状況もあり得るのです。

 

今までの生活を振り返っての反省は必要ですが、借金が払えない状況から脱出するには、

 

  1. 任意整理 → 利息と遅延損害金をカット
  2. 個人再生 → 借金を約5分の1(最大10分の1)に減額
  3. 自己破産 → 借金の返済義務がなくなる

 

といった債務整理を検討して下さい。

 

以下の借金減額診断を利用すれば、あなたに合った債務整理方法を教えてもらえます。